しみはクリニックで無かったコトに!イマドキのしみ治療事情

治療方法

しみ治療を行っている医療機関というのは、皮膚科、美容皮膚科、美容クリニックというようなところになります。
皮膚科と言うのは一般的な皮膚の疾患を治療している医療機関になります。しみというのも当然皮膚に現れる症状となりますので、治療をすることができます。しかし、皮膚科は一般的な診療科となりますので、あくまで「しみを消す」という治療を行っています。
一方、美容皮膚科や美容クリニックと呼ばれる医療機関は美容目的に治療を行っています。そのため、しみを消すと同時に美肌を手に入れる治療を行っています。
男性であればしみを消すだけでも良いかもしれませんが、女性はいつでも美肌を目指しています。ですから、同じ治療をするのであれば美容についても考えてくれる美容系のクリニックが良いでしょう。

具体的にどういった治療を行っているのか?ということについてお教えします。
医療機関では主に内服薬の処方、外用薬の処方、レーザーや光の治療を行っています。
内服薬にはしみを薄くする、美白効果のある成分が配合されています。外用薬にはターンオーバーを活性化させる、ピーリング効果で皮膚の表面をきれいにするというような成分が配合されています。
レーザーや光の治療では、直接しみに照射して薄くするという役割を持っています。治療の中でも一番即効性があります。

医療の力を利用することで、確実でスピーディーに効果を実感することができます。高いと思うか安いと思うか…考え方は人それぞれですが、医療機関でのしみ治療というのは非常に満足度が高い治療であることが知られていますので試す価値はあるでしょう。